2016年12月10日

日本の国獣-OOYAMATOいとをかし

国獣とは、その国を代表・象徴する動物のことだそうです。
日本の国獣は、キジ(国鳥)錦鯉(国魚)です


ラベル:国の象徴
posted by おおやまと at 06:32| Comment(0) | 国の象徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

日本の国鳥-OOYAMATOいとをかし

前に国魚は「錦鯉」だと書きましたが、
では我が国の象徴は他にどんなものがあるのか
気になったので今後少しずつ書いていきます(*´▽`*)

国鳥(こくちょう)とは、その国を代表・象徴する鳥のことで、
日本の国鳥は、「キジ」です。
1947年(昭和22年)3月22日、日本鳥学会が国鳥として選定しました。
国鳥に選ばれた理由には、「メスは母性愛が強く、
ヒナを連れて歩く様子が家族の和を象徴している」、
「狩猟対象として最適であり、肉が美味」などがあるそうです。

ラベル:国の象徴
posted by おおやまと at 15:50| Comment(0) | 国の象徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

日本の国魚は錦鯉です-OOYAMATOいとをかし

今回は私のショップのマスコットの錦鯉についてです。
主人が錦鯉が大好きで飼育しています
ちなみにマスコットの錦鯉は「大正三色」という種類です。

コイ-Wikipediaより。
(ニシキゴイ、英: Koi)は、普通の鯉(Cyprinus carpio) を
観賞用に養殖した変種である。
黒以外の鯉を色鯉(イロゴイ)、特に赤い鯉を緋鯉(ヒゴイ)、
特に観賞魚として色彩や斑点など、体色を改良されたものを錦鯉(ニシキゴイ)という。
特に錦鯉にはその模様によって多くの品種があり、
紅白、大正三色、昭和三色、黄金、浅黄などがある。
錦鯉は飼育用として人気が高く、斑点模様、色彩の鮮やかさ、大きさ、
体型を価値基準として高額で取引されている。
また、鱗が大きくて部分的にしかないドイツ鯉も移入されている。
これに対して、ふつうの黒色の鯉は真鯉(マゴイ)・烏鯉(カラスゴイ)
または黒鯉(クロゴイ)、特に野生の鯉は野鯉とよばれる。
なお飼育型の鯉は尾びれの下半分が赤く染まっているものが多く見られる。
錦鯉は日本の国魚である。

錦鯉の種類画像
錦鯉の種類画像「全日本錦鯉振興会」
ラベル:国の象徴
posted by おおやまと at 04:59| Comment(0) | 国の象徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半額あたりまえ!お得なクーポンサイト「くまポンbyGMO」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。